メンテナンス

Home > メンテナンスについて

メンテナンスについて

足回りの基礎知識

トレーラーの最重要部品と言っても過言ではない、足回りの基礎知識を説明します。

グリースアップ

メンテナンス必須項目/ブラストトレイルグリースアップ方法(安全な走行のためにも、グリースアップは必ず行ってください)
動画が表示されていない方はFlash Playerをインストールしてください

上記動画のように、グリースアップ方法はセンターのゴムキャップを外して、グリースガンで注入するだけでとても簡単ですので、是非定期的に行ってください。特にシーズン中は、月に1回行うことをお勧めします。

写真のように、センターのゴムキャップよりグリースが飛び散った状態を見かけることがあります。この状態はメンテナンス不良です。

ブラストの車軸構造は、だれでも簡単にグリースアップが出来るように設計されています。センターのゴムキャップを外して、ニップル(車軸の先端に取り付けている注入口)にグリースガンで挿すだけで、グリース交換できるようになっています。

メンテナンスが簡単な反面、逆に言えばトレーラーを水に浸けると、ゴムキャップの部分から水が浸入します。水が浸入したとしても、すぐ駄目になるわけではないのですが、水の混ざったグリースは水状になり、粘度がなくなります。水状になると、ゴムキャップの部分からグリースが漏れ、ホイールがグリースまみれになります。そうなってしまった場合は、動画のようにグリースアップをすることで、漏れは無くなり快適に使用が出来ます。

こまめなグリースアップを心がけましょう。(海水に浸けた場合は、表面の乳白色の部分だけ無くなる程度でよいので毎回/淡水の場合は、最低でも1ヶ月に1回)
後は、走行前にホイールの裏側にグリースが飛び散っていないか確認すれば、安心快適に走行が出来ます。

走行前の1分間点検

快適なトレーラーライフを送るための運行前の簡単な点検です。点検は、事故・トラブルの回避に繋がりますので、参考にして下さい。
1. カプラーの連結
カプラーの連結が確実に出来ているか手で持ち上げて確認します。連結方法はFAQを参考にして下さい。
2. 灯火類のチェック
正常に点灯するか確認します。1人でブレーキランプを確認の場合は、事前にブレーキペダルを押さえれる重り、又は棒などを用意して下さい。
3. タイヤの空気圧を確認
普段は、目視で充分ですので、見る習慣をつけてください。BLAST トレーラーの空気圧は、2~2.3キロをお勧めしています。ガソリンスタンドなど立ち寄った際に、無料ですので測ってみて下さい。
※BLASTの出荷時は、2.3キロでセットしています。
4. ベルト・ストラップ
ボートを固定しているベルト類(ウィンチのストラップも含む)を手で触って緩んでいないか確認して下さい。手で触る習慣をつけて下さい。
※ベルト類は、移動の際の休憩中に止まった場合も確認した方が良い
5. ホイール裏の点検
タイヤ&ホイールの裏側を目視する。これはとても重要な確認事項です。ホイールの裏側を見ることにより、グリス漏れが確認できます。写真は、正常の状態です。ホイール、オイルシールが綺麗です。
※写真はブラストではありません。
悪い状態
ホイールにグリスが飛び散っている。オイルシールからグリスが漏れている。
写真は、釣り糸が絡んだの原因で漏れた状態。この場合のように、釣り糸が絡んでオイルシールが破損するケースは多々ありますので、買ったばかりだからとか、交換したばかりとか過信はしないこと。絶えず、ホイールの裏を除く習慣をつけて下さい。

このページのトップへ